朝、うちあたりの地方新聞を見てビックリ。なんとロレックスの全面広告が。この頃、景気が悪くて新聞広告そのものが激減しているなか、目が覚めました。全国の百貨店が「爆買い」現象が下火になって軒並み売り上げが減っているとか。
そういえば、メインストリートにあったラオックスが、いつのまにか無くなってますし。で、地方紙の全面広告は、ま、百貨店の催事の告知が、かなり比重を占めてます。ところが近頃、とんと見ません。大人気の北海道展すら、広告はなかったです。
そんななか、ロレックスの広告は、と見ると、その百貨店に出店、なのだそうです。うち当たりに一軒の百貨店は、江戸時代からの老舗ですが、いま、若い人はロフトのあるショッピングビルか、新幹線の終着駅のビルのハンズか、です。
でも、この百貨店、近頃ルイ・ヴィトンが増床したり、今度はロレックスだから、イケイケなんですかね。でも、ヴィトンのお店の前は警備員がいて、私たちボンビーは入れない感じだし、だいいち、あそこでヴィトン買った、て話を聞きません。
ま、わたしの周囲はヴィトンに縁のないヤツの集まりでは有るものの、一体採算は合うのか、と、心配になります。でも、あのヴィトンのことですから、採算なんてケチなこと、考えてないのでしょう。「うちの町にはヴィトンの直営店がある」というのは、自慢になります。http://www.kebukaijyosei.info/